1. 会社案内
  2. 沿革

沿革

   
明治20年(1887年) 髙橋丑松翁 岩手県より定期的に北海道に渡り枕木採材に従事。
明治39年(1906年) 髙橋家岩手県より東旭川村(現旭川市東旭川)に入植、農業と林業に従事。
大正2年(1913年) 髙橋喜七 髙橋造材部を立上げる、森林事務所(現道有林)より集材。
ナラ、センをソマ角にして小樽からドイツに送る、後輸出インチ材もはじまる。

創業者  高橋喜七
昭和初期~10年代 原木の本州移出 四国むけ紡績木管の生産、軍需要旺盛になる。
昭和18年(1943年) 旭川の製材工場を買収、法人格・昭和木材有限会社を設立。
資本金135,000円 従業員16名 髙橋喜七 初代社長に就任。
昭和22年(1947年) 東京の深川に東京出張所を開設し本州の窓口となる。
旭川 加工工場 新設。
昭和28年(1953年) 東京出張所を新木場に移転。
昭和29年(1954年) 洞爺丸台風発生、層雲峡に大量の風倒木発生、国有林から集材。
昭和30年(1955年) 本社事務所(旧事務所)を建設。
昭和32年(1957年) 旭川 合板工場新設。
二工場からアメリカ向輸出合板全盛期、従業員200名。
昭和35年(1960年) 2代目社長 髙橋丑太郎、高橋二郎 ㈹専務就任。
士別ベニヤ(株)を買収、昭和木材㈱士別工場として単板の生産開始。

二代目  髙橋丑太郎
社長就任
昭和42年(1967年) 髙橋丑太郎が旭川林産組合理事長として北海道銘木市を開催。
士別 合板工場 新設。

第一回  北海道産銘木市開催
昭和45年(1970年) 旭川に加工工場を新設し集成材の生産開始。
士別工場で無欠点生産管理のZD運動がキックオフされた、同時に社内報創刊。
昭和48年(1973年) 昭和木材株式会社に組織変更。
昭和50年(1975年) 石狩町に札幌出張所を開設。
昭和52年(1977年) 札幌工場を新設、米国産スプルスの製材を開始。
昭和57年(1982年) 高橋二郎が社長に就任し、髙橋丑太郎会長就任。
東京新木場に事務所新設。
米国アラスカ州ヤクタット造材オペレーション開始。

三代目  髙橋二郎
社長就任
昭和62年(1987年) 関連会社 ㈱昭和 設立。
昭和63年(1988年) 髙橋丑太郎会長 勲五等双光旭日章 受章。
東京営業所と札幌営業所が支店に昇格。
本社事務所 新社屋完成。
平成元年(1989年) 髙橋丑太郎会長 北海道開発功労賞受賞。
平成2年(1990年) ソビエト崩壊、ペレストイカ市場開放によりロシア材価格破壊となる。
一挙にロシア産広葉樹丸太時代が到来。
高橋二郎社長 北海道産業貢献賞 受賞。
平成5年(1993年) 米国中西部林産会社から米国産広葉樹丸太輸入開始し現在に至る。
インドネシア・マレーシア合板産輸入開始。
平成6年(1994年) 高橋二郎社長 勲五等瑞宝章 受章。
東京支店 社屋新設。
髙橋秀樹が4代目の社長に就任、高橋範行専務 髙橋泰規常務、高橋二郎会長 髙橋丑太郎相談役の新布陣。

四代目  髙橋秀樹
社長就任
平成7年(1995年) 髙橋丑太郎 どんぐり銀行で朝日森林文化賞受賞、両陛下に御進講。
東川に土地取得。
平成8年(1996年) 東川 製材工場 原木・製材乾燥ヤード倉庫2棟新設。
本社工場 旭川から東川への設備移転が始まる。
大阪営業所 開設。
平成9年(1997年) 本社 住宅事業を開始、ビバエステート(東旭川下兵村)を開発。
バブル崩壊 北海道経済に大打撃。
平成12年(2000年) 名古屋営業所 開設。
大阪営業所が支店に昇格。
小林登商店より営業譲渡を受け、その基盤を引き継ぐ。
平成13年(2001年) 高松営業所 開設。
平成14年(2002年) 中国大連市に中国事務所開設。
秋田県大館市に東北営業所開設。
札幌支店 製材工場敷地に2X4パネル工場を新設、石狩に札幌ランバーセンターオープン。
中国上海市の合板メーカーと合板の委託生産販売契約を締結。
これにより士別合板工場が閉鎖、36年の歴史に終止符を打った。
平成16年(2004年) 仙台支所を開設。
平成17年(2005年) 札幌支店 事務所 新社屋完成。
平成18年(2006年) 札幌支店プレカット工場新設、スタート。
平成19年(2007年) 札幌支店大型倉庫完成 羽柄プレカット工場完成し製材工場生産終了。
東北営業所・名古屋営業所 支店に昇格。
仙台支所 営業所に昇格。盛岡営業所開設。
東京支店 新木場「梅山木材㈱」を統合。
平成20年(2008年) ロシア丸太高騰により「脱ロシア」を進め米国産広葉樹にシフト。
飛騨高山家具取引本格化、8月東川工場内「無垢板工房 和~なごみ~」開店。
リーマンショック勃発。
平成22年(2010年) ロシア沿海州プラスタンのロシア大手林産会社と住友商事㈱を介し業務提携。
国交省より準不燃認定認証、FSCとPEFCのCoC認証取得。
JR旭川駅舎完成 タモ板内装14万枚を納める。
平成23年(2011年) 3.11 東日本大震災。
欧州金融危機勃発、1ドル76円、1ユーロ96円。
平成24年(2012年) 東北支店 プレカット工場取得し稼働。
東川KD乾燥増室、倉庫新築。
平成25年(2013年) 昭和木材㈱100周年記念式典を挙行。7月社内式典、9月ご来賓招待。
平成26年(2014年) 札幌プレカット工場 新設備稼働開始。
東北プレカット第2工場 完成。
高松営業所 新事務所 完成

東北プレカット工場
平成27年(2015年) 東北支店青森事務所開設。
平成28年(2016年) 東北プレカット羽柄加工開始。
英国EU離脱決定。
平成29年(2017年) 大阪支店 岸和田市に移転、事務所新設。
高橋範行が第5代目の社長に就任。
髙橋秀樹会長、髙橋泰規専務、髙橋謙太郎常務、鵜飼欣彦常務の新布陣。

五代目  高橋範行
社長就任

LINK

#
Copyright © 2002 Showa Lumber Co.,LTD.